キルギスの街中SIMカードの購入方法は?場所や値段も!

[ad2]

 

サラーム!fumiです!

 

今回から中央アジアに入ります!

私は空港からではなく、陸路で中国からキルギスに入国しました。

なので、SIMカードについては空港ではなく、街中で購入!

 

キルギス南部のオシュという街でSIMカードを購入したので、

その情報をお伝えしましょ!

 

[ad]

 

キルギスの街中SIMカードの場所は?

 

まずは、街中での購入方法ですが、

露店もあるようですが、確実なのは、日本で言う携帯キャリア店に訪問することです。

特におすすめなのが、こちら。

 

毎度おなじみのBeeline

 

そうですね、全然おなじみではないという声が聞こえてきそうですが苦笑

私はBeelineは見たことがあったんですね。

場所はラオスです。

 

聞くとBeelineはロシアの会社らしく、社会主義国では有名なようです。

ロシアの影響が強い国では、Beelineを見かけるという事です。

 

Beelineを見つけて、中に入って、SIMが欲しいといえば、一発です。

ただ、パスポートは必要なので、必ずパスポートは持参しましょう。

 

[ad]

 

購入方法は?

 

購入方法いってしまいましたね笑

窓口にって、SIMが欲しいと伝える。これだけですね。

 

パスポートと、あとはもちろん格安SIMフリーのスマホである必要があります。

 

wifiのレンタルもあります。

 

値段は!?

 

そうするとこのようなものを渡してくれます。

しっかりと電話番号もありますし、その場で設定も可能。

 

値段については、私は40ギガ345ソムで購入。

345ソムは日本円で、約500円・・・

恐るべし・・・

日本の通信料がいかにアホかということがわかります。

すいません、口が悪かったですね苦笑

 

ちなみに、私はキルギスに計1か月ほどいたので、こちらのプランを購入。

期間は言われましたが、忘れましたね・・・

もしかして、期間はなく、容量がなくなるまでだったのかもしれません。

 

もちろん動画などを見ない限り、1か月で40ギガは使い切れません。

街中であれば通信もばっちりだったように記憶しています。

 

まとめ

 

ということで、キルギスのSIM情報でした!

 

あまりにも情報の少ない国、キルギス。

それだけに好奇心が掻き立てられる国ですよね!

参考にしていただければ幸いです!


リュックパッカー中央アジアをゆく(上)

 

それでは!

 

[ad]